学生寮

 2016年1月にHarrow Bangkokでは近代的で広々とした学生寮が新たに2棟オープンしました。

ジュニア男子寮「Bradbys」は、グランド、テニスコート、プールの近くに位置しています。また、その隣には「Hub」と呼ばれる生徒たちの毎日の食事の場であり、交流の場でもある多目的スペースがあります。新しい女子寮の「West Acre」とシニア男子寮の「The Grove」は広大な緑が広がる競技用グランドを見渡すことが出来ます。


宿泊施設

寝室が完備された4階建ての宿泊施設には、勉強したり友達と交流するスペースが設けられています。下級生の寝室は4~5人部屋を上級生には2人部屋と完全個室が完備されています。学寮には生徒の日常的な世話をしてくれるHouse Parentsと呼ばれる寮監、副寮監が常駐し、他にも看護スタッフ及び学寮スタッフが常駐しています。生徒達の寝室は2階以上にあり男子寮(男子生徒のみ)女子寮(女子生徒のみ)となっています。

 

交流、社交

私たちは、「皆一つ屋根の下」と言う方針に基づいて、寮生の交流の機会に力を注いでいます。寮生同士が交流出来るスペースを多々設けており、メディアやIT機器に触れる時間を減らし、寮生たちが交流関係を深めるよう努力しています。寮生たちが寛げるラウンジでは、仲間同士でビリヤード、卓球、テーブルサッカーやボードゲームなどを楽しんだり、インターネットが完備された映写室では、映画や動画観賞することが出来ます。

1階には、寮生たちが料理をしたり、お菓子を作ったり出来る共用スペースのキッチンがあります。そこは 友達と団欒を楽しんだり、読書をしたり、ゆっくり休憩するには最適な空間です。高校2-3年生になると独自のキッチンとラウンジ(共用スペース)があります。

 

勉学と補習授業

下級生から上級生まで全寮生は、学習時間が設けられており、英語や数学など主要科目は当校の教科教員の指導の下で学習しています。Harrow Bangkokの全教職員は有資格者です。

勉強するには最適な環境が整っている自習室にはApple Macが設備され、寮生は勉学に集中したり時にはグランドを眺めながらゆっくり作業したり出来ます。Wi-Fiは午後10時30分まで使用出来ます。クリエイティブ・エリアでは、広々した作業スペースにはあらゆる画材道具や文具品を揃えており、授業や課外活動のプロジェクトを作成することが出来ます。

音楽の練習は専用の部屋があますが、現在‘The Hub’内に‘Bridge’という新しい部屋を増設しています。ピアノ2台、ドラム、エレキギターを準備し、寮生たちが音楽にも興味を示してもらうよう力を注いでいます。そこには仲間との音楽練習に欠かせないスピーカーも備えてあります。
 

スポーツ

一年を通して晴天に恵まれているので、寮生たちには35エーカーものキャンパス内にある設備を最大限に活用して欲しいと願っています。競技用グランドやテニスコートに加えて、毎晩オープンしているスポーツホールにはフィットネスジム、プール、マウンテンバイクも備えています。ゴルファーのためにはキャンパスより徒歩2分ほどの場所にインドアゴルフセンターと車で10分ほどの場所にドライビングレンジもあります。

 

売店

売店は週2日オープンし、文房具やスナック、ちょっとした日用品を取り揃えています。

 

洗濯、ランドリー

洗濯は寮の清掃スタッフが行います。洗濯は週3日間受け付けており、きちんとアイロンかけされて翌日の午後には手元に戻ってきます。寮生自身で洗濯機の使用も可能です。
 

医療について

24時間体制で医療スタッフが、 ‘The Hub’の保健室(男女別室)に勤務しています。朝食時と午後は夜間まで薬の受け取りが可能です。 健康管理のため寮生カウンセラーも勤務し精神面でのサポートも行っています。

 

寮に関するお問い合わせ

寮に関するご相談、ご質問は下記の寮担当までご連絡ください。

Dr Tim Jefferis, Director of Boarding: tim_jefferis@harrowschool.ac.th
Khun Kai, Boarding Administration: kai_mu@harrowschool.ac.th

メインページ